2017/04/11

1・2の三四郎

1・2の三四郎

<a href=1・2の三四郎" border="0" />

キミはプロレスの美学を語れるか!?
「プロレスラーはなぜロープに飛ばされるとちゃんと敵の元に返っていくのか?」「プロレスはガチンコじゃないから」「ショーだから」などと言う人はこのマンガ読んではいけません。ストロングスタイルプロレスの真髄は「敵の攻撃を真正面から受け止める」ことにある。その攻撃に耐え、相手に自分の持てる限りの力をぶつけるところに男の美学がある。(とワタシは思う)様々な人生の苦難を真正面から受け止めそれを乗り越えようとする人にはこの作品で描かれる馬鹿馬鹿しくも熱い、不器用だけど決して折れない生き様が最大級の応援歌となって心に響く。基本的にはギャグマンガなのに読み終わると熱いものがこみ上げる格闘系マンガの金字塔。K1とハッスルの違いを語れる人にはお勧め!

漫画に戻る

 



 ホーム日常 未分類