CatalystのIOS XE

とあるユーザにCatalystを導入しました。
私の中ではBOX型スイッチは3750Xで止まってたのですが、3650,3850類がリリースされてたんですね。
しかも結構前に。。。
StackPowerは以前に3750Xを導入した際に取り扱った事があったのですが、何やらStackの仕様が変わってる。
てゆうかIOSの後ろにXEってのがついている。なんだ?
よくよく調べるとIOSを抜本的に見直したらしくlinuxベースのOSになったとの記事を発見。
無線LANコントローラの機能も装備しており、果てにはSDN戦略に対応したものだとか。
SDN(Software Defind Network)といえばOpenFlow後術とかで勉強しましたね。もう忘れかけてるけど。
さて、そんなCatalyst3650ですが、2台が各フロアスイッチ間でCrossStackEtherChannelの構成、系統分離のニーズがあったのでVRFで構築。
VRFがイマイチピンと来なかったのは仮想化されてるのはルーティングの機能だけなんですよね。VLANは共通なので系統毎に同じVIDをシェアはできない模様。なかなか難しゅうございます。
ともあれ、STPで失敗はあったものの無事稼動したみたいで、よかったよかった。



 ホーム日常 未分類