2017/04/11

LPICの問題_20141225_クライアント側のDNS設定
■例題
/etc/resolv.confファイルに検索ドメイン名を設定するオプションを選びなさい。

1. nameserver
2. search
3. defaultdomain
4. nslookup

解答と解説

答えは 2. search です。

DNSに対する名前解決の設定は、/etc/resolv.confファイルに記述します。
searchオプションにドメイン名を記述することで、検索する名前を指定する際にドメイン名を省略することができます。

◆○/etc/resolv.conf設定例
 serarch lpi.or.jp
 nameserver 127.0.0.1

このように設定されていると、host.lpi.or.jpを名前解決する際に、以下のような記述ができます。

◆○nslookupコマンド実行例
 $ nslookup host
 Server:        127.0.0.1
 Address:    127.0.0.1#53

 Name:    host.lpi.or.jp
 Address: 192.168.0.1

ただし、digコマンドの場合には、以下のようにエラーが出てしまいます。

◆○digコマンド実行例
 $ dig host
 ; <> DiG 9.2.4 <> host
 ;; global options:  printcmd
 ;; Got answer:
 ;; ->>HEADER< ;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 0, AUTHORITY: 1, ADDITIONAL: 0

 ;; QUESTION SECTION:
 ;host.                IN    A

 ;; AUTHORITY SECTION:
 .            10800    IN    SOA    a.root-servers.net. nstld.verisign-
 grs.com. 2010062800 1800 900 604800 86400

 ;; Query time: 5 msec
 ;; SERVER: 127.0.0.1#53(127.0.0.1)
 ;; WHEN: Mon Jun 28 21:06:18 2010
 ;; MSG SIZE  rcvd: 97

digコマンドの場合、指定するホスト名はFQDNであると見なされるので、/etc/resolv.confの記述は利用されないわけです。



 ホーム日常 未分類