2017/04/11

2015/01/17_プリンターと印刷を管理する
■例題
Linuxにプリンタを登録するために編集が必要なファイルを記述しなさい。

解答と解説
答えは /etc/printcap です。
printcapは、Linuxから使用可能なプリンタを記述するための設定ファイルです。
Linuxマシンに直接接続されたプリンタや、LPRプロトコルで接続するリモートプリンタなど、様々なプリンタに対しての出力を記述することができます。
ここに記述された利用可能なプリンタは、lpd(Line Printer Daemon)に読み込まれて管理されます。プリンタキューはlpcコマンドやlpqコマンドなどで管理することができます。
○/etc/printcap記述例
printer:?
:sd=/var/spool/lpd/printer:? ※←キューディレクトリを指定
:mx#0:? ※←サイズ制限無し
:lp=/dev/lp0: ※←出力先は/dev/lp0で認識されローカルプリンタ
※?は次の行に設定が続いているという意味
printcapには様々な設定の記述(MANによれば「ケイパビリティ」)が行えるようになっています。
たとえば、ページヘッダー(最初に出る紙)の抑制をするには「:sh:」(Save Headerの略)、フォームフィード(改ページ)を抑制するには「:sf:」と記述します。その他の設定についてはprintcap(5)を参照してください。


 ホーム日常 未分類