Catalyst4500-Xの障害

先日Catalystスイッチに障害があり、対応しに現地へ向かいました。

結果はハードウェア不良で交換になったのですが、交換してconfig入れ直して立ち上げました。因みに二重化構成のマスタ側の交換で、スレーブで運用はできていたので緊急性は低い状況でした。

いざ、立ち上げるとHSRPによって自動的に交換した機器がマスタになるはず・・・・、ん、スレーブのまま。。。

ちょっとしてみてもう一度見ると切り替わっていました。思ったより時間がかかるみたいで、今回は5VLAN程度で約10分ぐらいだったでしょうか?

しかしよく見ると1箇所だけスレーブのままになっている。?よくよく見るとそのVLANはadministrative down。初歩的な話ですが、config投入した時にVLANは新規作成扱いなのでshutdownが入った状態なのですね。投入時にno shutを入れたつもりだったのですが、1VLANだけ見落としていたようで、その部分がうまく切戻ってくれなかった模様です。

これで何とか復旧!たった20分程度の話なのですが、どっと疲れますね。

 



 ホーム日常 未分類