視力回復(その8)

「屈折性近視」と「軸性近視」の内容を素人の私が説明してもうまく伝わらないでしょうし、

間違った事を書くのも大変なので、詳細は他の文献に任せますが、軸性近視の話は

全く理解でき、自分の近視の原因は「これだ!」とビビビッと感じたのですね。

なのに、眼科の先生に話しても・・・・・軸性近視という言葉にも反応してもらえませんでした。

これまたググって調べてみると、屈折性近視は水晶体の厚みを調節する毛様体筋に原因があり、

眼鏡・コンタクトレンズ等の外的矯正やレーシックなどの外科手術で矯正できるのですが、

眼軸の伸びを矯正することは外科的には不可能なんですね。

それでほとんどの眼科医さんは軸性近視は視力回復は困難というみたいですね。

すっかり意気消沈していたわたしですが、よくよく考えてみると「治らない」というのと「困難」といわれる

のはちょっと違うなと。。。更に調べてみると、モノの書に「軸性近視でも治る」、「60歳近くの老人が1.5まで回復」

アララ!イケるじゃん。

ナナメ読みしかしてないので詳しく憶えていませんが、遠くの景色をボーっと見るのを毎日1時間。7年間

続けたそうです。すばらしい根気、忍耐力ですね。

 

つづく

CIMG5941_