小学校読み聞かせ三回目。もしかして小学校行き過ぎかなぁ?

小学校の読み聞かせに行ってきました。

気づけばもう三回目。

小学校に入ってから二ヶ月半ぐらいですが、もう学校に行ったのは何回目だろう?

お父さんにしちゃ・・・ちょっと行き過ぎかな。

 

今回は自分の子のクラスではなく、一つ上の二年生が担当でした。

とは言っても知っている子もいるから安心。毎朝登校するときは近所の子が

何人か集まって集団で行っているのですが、待ち合わせ場所と一つ角を

曲がるまでは、私が出社する為の駅までの道と一緒なので、そこまでは一緒に

ついていっています。ほんの十数メートルだけど。

4,5人のグループはみんな一つ上なので、その際の顔見知りが何人かいた

というわけです。

 

さて、二年生なら、あまり幼稚なのもウケが悪いかな?と思い、

ちょっと変わった本を選びました。「西遊記 一 石から生まれた孫悟空」です。

このブログでも以前に投稿して紹介した絵本なのですが、言葉がちょっと

難しいのと、誰もが知っている悪い妖怪を退治する孫悟空ではなく、

三蔵法師と出会う前に天界で悪事を働いている孫悟空なので、

子どもにはちょっと変な感じでしょうね?大人向けなのかな?

但し、絵はきれいなのでいいかなと思って。

中身は凝縮されているものの、やはり15分で読むにはバタバタで、ほぼピッタリの

時間でした。

やっぱり、反応は薄いように感じたのですが、ママさんがいうにはみんな聞き入っていた

らしく、まぁそれならOKかな。としときましょう。

 

本日の画像(またタイプフォーミュラに戻ります)

CIMG6066



 ホーム日常 未分類