小学校の運動会の翌週は町内運動会。スポーツの秋を満喫

夏にも負けないくらい秋もイベント目白押し

毎週なにかとイベントがあります。先々週と先週は「スポーツの秋」感満載です。しかも、小学校の運動会は保護者は見てればいいだけなのですが、町内の運動会は参加しなければなりません。ちょいと大変です。種目は子ども会の会長さんが決めてました。後にも書きますが、結構な大役を任され、大変でした。前日の夜は夜中に大雨。「こりゃないな」と思っていましたが、朝にはあがっていまして。。「さすがにグラウンドはびちゃびちゃでしょう」と思いきや、きれいなモノ。ちょっと土を持ってきて足している感はありましたが、結果、一時間遅れで開催、町内会のやる気がみられました。

予想外のムチャぶり

行ってみると小学校の校門前に皆さんタムロっています。一通り挨拶を交わして開門を待っていると、子ども会の副会長さんがトコトコトコとやってきて、「○○くんのパパ、お願いがあるんですけど・・・」。聞けば昼休み後の各区対抗の応援合戦でダンスを行うらしい。あまり日がない中、実は平日に集まって練習をしていたそうな。うちの子は「溶連菌事件」があったので練習には一回だけ参加したみたいです。バレエの甲斐あって振りを憶える能力は高いので、一回でOKがでたそうな。ってゆうか、そんなクダリを私は全く知りませんでした。で、要するに「メンバーが一人これなくなったので代理で旗振りをお願い」という内容。イキナリ本番ですか!
旗振りなら一箇所に留まって、右へ左へ振るだけだろうと快く承諾。左右に分かれて一人づつ振るから反対側の子のやってるように真似ればいいやと簡単に考えていたのですが、ちょこちょこ追加情報が入ってくる。反対側の子(よく公園で遊ぶしっかり者の5年生)が言うには、ぐるぐる回すポイントがあるとか、右へ左へステップ踏むポイントがあるとか。オイオイ!こちとら一回も見てないんですけど。。。と。
ちょいと不安のままに開会式が終わって行きます。

緊張の旗振り

さすがに一時間遅れている分、プログラムは順番変更と大幅にカットされていきます。午前中は結局出番なし。ママさんは玉入れに参加します。でも、玉入れが終わると他に出番なくなったみたい。「イイナァ」ってゆうか応援合戦のダンスに参加しないんかいっ!あっという間にお昼。では、出番ですね。
運動会は地区があり、いくつかの地区を束ねて紅白に分かれています。うちは赤だったので(のでかどうか分からないけど)赤いTシャツをきておりました。なのにそのダンスの時は皆、白い衣装。子どもも体操服だから白。只でさえ、身長あって目立つのに、よけい目立つジャン!!ドナドナ状態でついて行き、それらしい配置についてはじまりはじまり。もう、曲も何がかかっているのか耳に入らない。皆がどんなパフォーマンスをしているのか目に入ってこない。只々反対側の子を凝視して「お、こうか。ここでこっちね。。エ!そんな動き聞いてないよ!!!」最後に両方の旗で隠し状態から「バッ」と上げてお母さん達がボード文字で「ガ・ン・バ・レ」と出てくるようにする。バッチリ決まった様子。大変でした。
長くなってきましたので、後日に続きます。

本日の画像(カブトくんお嫁さんが逃げて悶絶のポーズ)
CIMG6443



 ホーム日常 未分類