【浪漫食堂】ハンバーグ・メンチカツ・チキンカツ・ハムエッグが乗った “サーヴィスランチ” が650円! 高円寺の馴染みの食堂「クロンボ」

どんな街にも、その土地の人にとって「馴染みの店」というのは存在する。特別なご馳走を食べられる訳ではなく、目玉料理がある訳でもない。しかしついつい足が向いてしまうお店、東京・高円寺の駅から近い高架下にある「洋食の店 クロンボ」もそんな洋食屋さんだ。

店先のメニューを見ると、ハンバーグステーキは500円~で、すべてのメニューが1000円以下。もっともコスパが高そうなのが、「サーヴィスランチ」である。おかず4品にライスとみそ汁がついて650円! ちょっと安すぎない?

・駅から徒歩約1分

お店は、JR高円寺北口から徒歩約1分のところにある。高架下に位置しており、看板には可愛らしいコック帽をかぶった少年のイラストが描かれている。

・ダブルハンバーグも1000円以下

店先にあるメニューを見ると、どの料理もとにかく値段が安い。もっとも安いものはカレーライス480円(みそ汁付き)、高いものでもハンバーグに半ナポリタンがついたEセット750円(ライス・みそ汁付き)だ。すべての料理が1000円以下。ダブルハンバーグなら軽く1000円以上してもいいところなのに、680円と破格!

それらのなかでも飛び抜けてお得感が高いのは、サーヴィスランチである。「サーヴィス」の文字が「サービス」でないところに、どことなくこだわりを感じる。さて、その気になる内容は……。

この日はすでにメンチカツが品切れになったとのことで、ポテトコロッケに変更となっている。ハンバーグ・ポテトコロッケ・チキンカツにハムエッグがついて、魅惑のおかずてんこ盛り! 大人のお子様ランチといっても過言ではないだろう。

・安くて申し訳ない気持ち

これで1000円以下なんて、注文するのも申し訳ないレベル。特に手作りハンバーグは、「肉汁したたる」とは言えないけど、素朴で温かみを感じる味だ。

・大人の会話が聞こえる

安くてたくさん食べられるのは、何よりの魅力。しかしそれ以上に、良い店だと感じさせるものは、常連客とマスターの他愛のない会話だ。大した話をしている訳ではないけど、馴染みの店でテレビでも見ながら競馬の話を聞いていると、そこには学生が普段触れることのできない大人の世界がある。

コンビニやファストフードで食事を済ませるのも良いけど、それらのお店では、大人の世界を垣間見ることはないだろう。クロンボに来れば、安くて温かみのある料理を食べられるだけではなく、大人の世界をほんの少しだけ覗くことができるのだ。こういうお店が地域で果たす役割は大きいと思う。ぜひとも長く商売を続けていって欲しい。

・今回訪問した店舗の情報

店名 洋食の店 クロンボ
住所 東京都杉並区高円寺南4-49-1
営業時間 11:00~22:00
定休日 第1・3土曜日

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

この元記事はロケットニュース24



 ホームクロンボ グルメ ハンバーグ 国内 洋食 生活 高円寺