【実話】絶対に事故ってはいけない車と接触してしまった可哀想な運転手さんの話

車の運転には万全の注意を払いたいものだ。運転する人であれば、当然のこと。それが職業であったらなおさらである。もしもヤバい車と接触してしまったら、運転していた人の胸中を察して余りある。

最近起きた接触事故について、お伝えしよう。私(佐藤)は運転手さんの心持ちを想像すると、胸が締め付けられるような思いがする……。

・接触時の状況

その接触事故は、東京都新宿区のある交差点で起きた。信号のない三叉路で、ピンク色の車が右折しようとしたその先に、タクシーが止まっていたのである。ピンク色の車は、タクシーが前進するのに続いて、右折してタクシーの後ろに続いて走っていくはずだった。

ところが! そのタクシーが突然バックしてきたのである。非常にゆっくりとした速度ではあったが、確実に後方に下がってきたのだ。ピンク色の車はそれを避ける術がなく、2台は接触してしまったのだ。ゆっくりゆっくりと「ゴリ!」っと当たった感じ。

タクシーが当たった相手の車は、かなり見た目がヤバかった。

Instagram Photo

・車は顔だらけでピンク色

その車には、人の顔が至る所にプリントされている。強烈な見た目で、停車しているだけで通行人の目が釘付けになるほどだ。

きっとタクシーの運転手さんは、バックミラーで後方を確認し「やべえええええええ!」ってなったはず。そんな運転手さんをさらなる驚異が襲う。それは……。

ピンクの車から、パンチパーマの男が降りてきたのだ!

・車から降りて来たのはパンチの男

幸いパンチの男は、ピンクの車の運転者ではなかった。周りをウロウロしているだけで、何もしなかった。

2台の車は歩道側に車両を寄せて、状況を確認すると共に警察に連絡。すぐに自転車に乗ったお巡りさんがやってきて、状況を確認。連絡先を交換して事が済んだ。

ピンクの車には、右前方のライト下に擦りキズがついただけだったので、大事にはならなかった。なぜ私が知っているかというと……もうお気づきの人も多いだろうが、そのピンクの車は私の顔がプリントされた痛車であり、乗っていたのはパンチパーマの私とYoshioだったからだ。

・驚かせて申し訳ない……

それにしても、もしも私がタクシーの運転手の立場で、「顔だらけのピンクの車」と接触して、車からパンチパーマの男が降りてきたと想像すると……。背筋が凍る思いがする。ヘタしたら失禁するレベルだ。

タクシーの運転手さん、怖い思いをさせてしまってごめんね。いろいろあって、我々はこんな格好をしてるんです……。すみません。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

この元記事はロケットニュース24



 ホームコラム パンチパーマ 佐藤の車 国内 接触事故