【閲覧注意】フジテレビのドラマ『貴族探偵』に男の子の幽霊が映り込んでいると話題 / ネットの声「こわすぎ」「これあかんやろ」


科学の発達した現代においても、いまだまことしやかにささやかれる幽霊の存在。確かにこの世の中では、およそ常識では説明がつかない出来事が起こることがある。

現在、フジテレビのドラマ『貴族探偵』に男の子の幽霊が映り込んでいたと話題だ。Twitterで拡散されているツイートを見てみると……ギャーーーーーー! バッチリ映ってはるやないの!!

・笑えるドラマに映った笑えない1シーン

問題の映像は、2017年5月8日の『貴族探偵』で放送された。ドラマの内容は、自分のことを「貴族」と名乗る主人公・貴族探偵(相葉雅紀)が、事件を解決するミステリーもの。ただし、主人公の設定からも明らかなようにコミカルな演出も多い。

話題となっているのは、そんな笑えるドラマに映り込んだ笑えない1シーン。貴族探偵が山の中を歩いていくシーンで、よく見るとかなり奥に甚平のような服を着た男の子が映っている。地元の子が映り込んだのか? それとも、何かの目の錯覚か? 自然と引き寄せられる視線。だが、貴族探偵が画面を横切ったその瞬間……

なんと、奥にいた男の子がまるで火が消えるように唐突に影も形もなくなってしまった。何度見ても前後の画面に移動する前の予備動作などは確認できない。この1シーンについて、ネットでは下記の声が挙がっている。

・ネットの声

「こわすぎ」
「こわ!!」
「相葉くんが心配」
「ドラマ上の演出ではなくて、ガチの方ですか、ほんと怖い」
「怖すぎる。これは本物だ」
「これあかんやろ」
「いづな様じゃないの?」
「製作者側の話題づくり」

──不気味すぎるその映像はネットを混乱に陥れていた。なお、今回放送された第4話は「いづな様」という霊の伝説が残る温泉宿でのエピソードであり「これはいづな様ではないのか?」という声も挙がっている。

実際放送された映像を確認したところ、映り込んでいる子供の服装もいづな様にそっくりなため、ドラマの演出である可能性も十分考えられるがはたして……? 信じるか信じないかはあなた次第だ。

参考リンク:貴族探偵
執筆:中澤星児
イラスト:RocketNews24.

この元記事はロケットニュース24



 ホーム国内 幽霊 心霊 怪奇現象 相葉雅紀 芸能 貴族探偵