【肉爆弾】ミニストップの新フライドチキン「ゴロチキ」を食べてみた! 皮つき肉で肉を包んだ危険すぎる肉弾岩!! 肉厚すぎて爆発寸前かよ!

コンビニのレジ横は誘惑に満ち溢れておる。たたでさえ様々な新商品で我々を惑わせておきながら、肉まんだのアメリカンドッグだのと、最後の最後にとどめを刺してくるのである。中でも、特に凶悪なのがフライドチキンではないか。

コンビニのホットスナックコーナーにあるフライドチキンの魅力は異常だ。そして残念なことに、また1つ凶悪な兵器とでも言うべきチキンが誕生してしまった。戦犯の名はミニストップ。その新商品「ゴロチキ」の極悪っぷりは、減量中のボクサーなら発狂ものである。噂の肉爆弾を、実際に食べてみた!

・ミニストップの新商品

本日2017年5月12日、ミニストップから新商品「ゴロチキ(税込220円)」が順次発売されているぞ。ファミチキに代表されるコンビニのチキンは、基本的に骨ありか骨なしで分かれている。その形を思い出してみると、割と平べったい印象があると思うのだがどうだろう。

・まさに岩

ところが、この「ゴロチキ」はそういったチキンとは真逆の方向に向かった。カットした鶏もも肉を、皮付きもも肉で包んだという特殊なチキンで、例えるならばそれは岩! 肉で肉を包んだ『ばくだんいわ』ならぬ肉弾岩だ!! おっとあまり触れるなよ、爆発するぞ。

・かなりの厚さ

横から見ると、その分厚さがよくわかる。もしかしたら、かつて見たことがないフライドチキンのフォルムかもしれないな。皿の上でじーっとしている肉弾岩からは、ブラックペッパーのスパイシーな香りが漂い、こちらの食欲を加速させる。

・肉に埋めつくされる

私(あひるねこ)は覚悟を決めて、ナイフで真ん中から半分に切ってみた。いつメガンテを唱えてくるかわからない、極度の緊張感に襲われる。その中身はというと……肉が空間をこれでもかと埋めつくすザ・肉ワールド! 皮の中は隙間なく、すべてが肉だ。破裂寸前かよ!

そのギッシリ具合は、口にほおばるとさらに威力を増す。超噛み応えのあるジューシーな肉と、後を引く辛さ。それでいて皮はパリッとしている。フライドチキンのイメージとは少し違うが、個人的にはかなり好きな味だ。これは非常にビールと合いそうですな。

・すべての肉好きたちへ

その凶悪な肉弾っぷりは、軽い気持ちで食べたなら、逆にこちらがヤられそうな破壊力を秘めている。暑くなるこれからの季節にピッタリと言わざるを得ないだろう。ちなみに全国発売は5月19日からだ。気合いの入った肉好きたちよ、肉弾岩の爆発を恐れず果敢にチャレンジしてほしい。

参考リンク:ミニストップ「チキン」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.