【衝撃動画】ついに角田信朗さんの「バット折り世界記録」が破られる! 武術の達人が1分で65本を折ってギネス新記録を樹立

空手家であり、タレントとしても活躍する角田信朗(かくた のぶあき)さんの才能は多岐にわたる。50歳を超えてもなお、筋肉隆々な姿はご存知の通り。ボディビル大会のデビュー戦から次々と栄冠を勝ち取ったのも記憶に新しいところだ。

さくらんぼの軸早結び世界一という器用な一面がありつつ、バット折りでも世界記録を樹立した男の中の男である角田さん。だが先日、世界の猛者(もさ)が角田さんの持つ世界記録を破っていた。

・ドイツの達人が新記録を樹立

その種目とはバット折り。名称からわかるように、1分間でどれだけ多くのバットを折ることができるかを競うシンプルなものだ。2009年、角田さんが54本を折り、それから今まで記録が破られることはなかった。……だがしかし!

ついに上を行く人物が現れたのが、今回の動画「Most baseball bats broken with shins in one minute – Guinness World Records」だ。武術の達人であるドイツのケリム・ドゥイギュさん(36歳)は、11本も多い65本を折ってしまったという。

・マッハキックで65本

1分間で65本……つまり1秒に1本以上のペースでバットを折っていることになるが、動画を見ても決して嘘ではなかった。剣を振り下ろすようにして彼がマッハキックを繰り出すと、バットはおもしろいようにバキバキ。まるで大根を折っているかのように、いとも簡単に折れていくからヤバい。

並の人間なら間違いなく自分の足が折れているレベルだが、彼も「ミスターカクタ」を破るために鍛錬を積んできたのだろう。表情は鬼気迫るものがあり、執念さえ感じる1分間となっている。歴史に名を刻んだ「バット折り」は必見だ!

参照元:YouTube
執筆:原田たかし