酒気帯び運転の疑いで聴取を受けたガリガリガリクソンさんが深夜に意味深な投稿「動かないのわかってるのに……」

お酒を飲んで車を運転してはいけない。ドライバーの常識であり法律でも禁じられているのだが、それを犯した疑いがあるとして、吉本に所属する芸人のガリガリガリクソンさんが、事情聴取を受けていたことが判明した。

彼は、2017年5月12日午前7時頃に、後輪がパンクした車で寝ているところを通行人に発見され、通報を受けた警察官が駆け付けて呼気を調べたところ、基準値を超えるアルコールが検出されたという。彼はその日の未明に、次のように投稿している。

・ガリガリガリクソンさんのツイート

「動かないのわかってるのに眠れない」

投稿されたのは、12日の深夜2時すぎとなっている。ひょっとすると、この投稿は車中にいる時に行われたものではないだろうか。後輪がパンクして車が動かなくなり、寝てしまおうと考えていたのかも。

・飲酒は認める

なお、ガリクソンさんは飲酒については認めているものの、運転したことについては「覚えていない」としているようだ。一体どうして車はパンクし、彼はその車のなかで寝ていたのか? 今後の動向が気になるところである。

参照元:Twitter @gg_galixon産経WEST
執筆:佐藤英典

この元記事はロケットニュース24



 ホームガリガリガリクソン パンク 国内 芸能 酒気帯び運転 飲酒