【マクド裏メニュー】100円ハンバーガーのポテンシャルを最大限に引き出す「トッピングの組み合わせ」はコレだ!!

2017年5月10日から、マクドナルドは4種のトッピングから3つまで追加できる『マックの裏メニュー2』の提供を開始した。当編集部で研究した結果、意外な美味しい組み合わせを発見することができたのは先日お伝えした通り。しかしながら……

1つ課題が残っている。それは、100円のハンバーガーはどうしたらいいのか? という点だ。そこでさらに研究を重ねたところ、1つのゴールにたどり着いた。以下が、あの100円バーガーをもっとも美味しく食べることができる、最高の組み合わせであるッ!!

・チーズ2枚 + ガーリックチリ

『マックの裏メニュー2』で追加できるトッピングは、スモークベーコン・ホワイトチェダーチーズ・ガーリックチリ・トマトの4種類。それぞれ1つ40円で、組み合わせ自由に3つまで追加することができる。このなかから、何を100円バーガーと合わせるか?

4つのなかでもっとも有用なトッピングはホワイトチェダーチーズである。まずこれを2枚トッピングする。さらに味のアクセントとして、ガーリックチリも入れておこう。これで3つのトッピングは決定だ。

・足すだけではなく、引く

これで終わりではない。むしろここからが、最高の組み合わせの “キモ” だ。トッピングを足すだけではなく、中身を引くのである。

まずパティが邪魔だ。パティは抜いてもらおう。次にピクルス。これも味の邪魔をするので引く。最後にケチャップも引いてしまえ。ちなみに私(佐藤)はオーダーするときにケチャップを引くのを忘れてしまったので、必ず「ケチャップもナシで」と言おう。そうして出来た、最高の組み合わせバーガーがコレッ!

・命名「CCC without B」

あえて名前を付けるとしたら「C(チーズ)C(チーズ)C(チリソース) without B(ビーフパティ)」だ。この組み合わせの最大の特徴は、100円バーガーの味を根本から見つめ直したところにある。

100円バーガーの味を決定づけているパティ・ピクルス・ケチャップ、この3つを抜き、新たにCCCを加えたのである。それによって、オーソドックスな100円バーガーが “全く違う何か” へと見事に生まれ変わった。まさにハンバーガーの「スクラップアンドビルド」。劇的ビフォーアフターとはこのことである。

ちなみに価格は、100円プラストッピング分(120円)で220円となっている。割高に思うだろうか? いや、あの100円バーガーをたった120円プラスするだけで、全くの別物へと変えることができたのだから安い方だ。ぜひ試してみてくれ!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24