【事件か】メルカリに続いてAmazonでも “紙幣らしきもの” が出品されている?「業務用」などと意味不明な記載も

先日、フリマアプリ「メルカリ」において、現金が出品されて話題になった。マネーロンダリングにつながる可能性があるとして、メルカリは現行紙幣の出品を禁止するなど、ちょっとした騒ぎになったことは記憶に新しい。

その後もイタチごっこが続いたものの、事態は沈静化したかと思われた。しかし……。なんとあのAmazonにおいても、“紙幣らしきもの” の出品が確認されたのだ。確認されたというか、私(あひるねこ)が独自に発見してしまったと書くのが正確だろう。以下でその詳細をお伝えしたい。

・Amazonに出品される紙幣

Amazonで紙幣が出品されている。その発見は本当に偶然であった。いつものように何気なくAmazonを眺めていたところ、たまたま大量の紙幣の画像が目に飛び込んできたのだ。私の脳裏には、すぐにメルカリでの出来事がよぎった。メルカリで禁止されたから、今度はAmazonに来たのか!?

Amazonはフリマサイトというわけではないため、メルカリのように個人の出品者よりも、店舗が出品していることが多い。が、マーケットプレイスを使えば個人でも出品は可能だ。ただ、メルカリでの禁止措置の後にAmazonで紙幣を出品するなんて、なかなか肝が据わっている。

・謎が謎を呼ぶ

しかもその商品には、「業務用」などという謎の記載まであり、事態は混迷を深めるばかりだ。一体これは何なのか? 業務用とは? 何のために出品されたのか? そこで、実際にこの目で確かめるべく、その商品を注文してみることに。

・現物が届いた

その商品は税込2480円という、別に高くはない価格であった(2017年5月15日現在)。ますます謎が深まる。そして数日後、いよいよ編集部に荷物が届いたのである。袋の中には1000円札、5000円札、1万円札が無造作に詰め込まれており、その枚数は約150にも及んだ。

・記者生命を賭ける

価格にすれば数十万円相当に違いない。それが3000円足らずで買えるなんて、いくらなんでも怪しすぎる。これは事件の匂いがするな。まったく、この世界にはどれだけの闇が広がっているのか……。

現時点でAmazonからのアナウンスは何もない。まだこのことに気付いていないのだろう。私としても、何らかの事件に巻き込まれるのは避けたいというのが本音だ。しかし、私はロケットニュース24の記者である。未熟ながらもメディアに関わる人間として、覚悟を持って書かねばなるまい。

この記事が公開された後、私の身に何が起きるかは不明である。だが後悔はない。私は、私に出来る最善のことをするまでだ。それが、事態解決につながるきっかけになれば幸い……ん?

何だ? この紙幣……。どこか様子が……。

心なしか、ちょっと小さくない? もしや、まさか……いや、そんな……!

ごめん、チョコでした。紙幣じゃなくて、お金チョコでした。それの業務用でした。業務用だから、150個入ってました。2480円ならお得ですね。チョコもおいしかったです。なんか、すいませんでした。

・丸く収まった

驚くべきことに、この商品はごく普通のチョコレートだったのだ! 商品名は『お札チョコレート 業務用 500g』。極めて真っ当な会社が発売している、真っ当なお菓子である。そう、このことにより、Amazonに紙幣は出品されていないことが判明したのだ。いやー、よかったよかった。というわけで、またな!

参考リンク:Amazon「お札チョコレート 業務用 500g」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.