「松居一代」動画 船越英一郎の嘘がバレる動画の見所
 コンクリートの壁の前に佇むノーメイク風の還暦女。夫が帝王として君臨してきた2時間ドラマで、犯行を告白する女優のように、しおらしく、時に烈しい“熱演”を見せる。「バイアグラ100㎖男」と連呼されては、NHK「ごごナマ」ホストというお昼の顔への華麗なる転身が嘘のように、船越英一郎(56)の目が死ぬのもむべなるかな。騒動の震源地で、夫の嘘がバレる動画の見所をお伝えしよう。

 ***

 動画は「火サス」よろしく計画的犯行のごとく目下5本から成る。その中心となるのは3つで、第1弾が7月4日深更、第2弾が5日早朝、更に第3弾は7日昼前に告知された。

 1つめは「週刊文春にだまされました」というテロップが流れて始まる。

 今年の5月25日に松居一代(60)が文春の編集長宛てに出した告発の手紙が事の発端であり、夫・船越英一郎がものした「恐怖のノート」がそのような行動に走らせた、そして文春は最終的な原稿を松居の前で読み上げると約束したのに、それを反故にされた、などと告白。彼女が実際、文春本社に乗りこむ映像が挿入される。

 感極まり、涙声になりつつ「今印刷(機)が回っています」と言っては、卓上カレンダーを指しながら発売日を示す。10分もの動画を長いと感じさせない演出のあとが垣間見られる。

 続く第2弾。「船越英一郎の裏の顔」「船越英一郎が飲み続けているバイアグラ100㎖」というテロップと、包装から取り出されたバイアグラの画像が流れ、

「真夜中なんですけど、急遽お伝えしないといけないことができたんです」

 と悲劇のヒロイン調だ。

 船越はII型の糖尿病に罹っており、「ヘモグロビンA1c」の値が9・3まで上がったという事実が検査結果表を基に明かされる。松居は当然、治療してほしいと懇願したが、健康食品のイメージキャラクターの契約金・約2500万円が「なくなったらどうするんだ」と船越が拒否したと話す。

「糖尿病になると皆さん、どうなるかお分かりですよね」

■新たに4錠が“装填”

 2008年から勃起不全で夫婦生活がなくなったが手を繋いで寝ているだけで幸せだった。「でも」と声を潜め、15年春の異変に触れる。

「私は大変なことを知ったんです」

 要するに、ハワイ在住で松居と肝胆相照(かんたんあいて)らす仲の女性と船越が不倫関係にある、そう訴えるのだ。更に、「恐怖のノート」の中身に分け入って、

「このノートの中に、私がおかしいと思っていることがすべて!書いてありました。私の財産を女と一緒に奪い取ろうとしていることまで書いてありました」

「どうもこの100㎖、100㎖を使うと10時間近くの勃起があるそうです」

「これが船越英一郎のパスポートです。信じられないぐらいハワイに行っていたんです」

 パスポートとその中のビザのページを表示。「HHW」というスタンプの数々が、ホノルル空港を幾度となく利用したことを印象付ける。

「糖尿病です。バイアグラです。そして!私のとっても仲のいい友人との……セックスです!!」

 セックスを9度、バイアグラと12回叫んだ動画の終わりには【16年11月14日撮影】と断り、腕を組んで黒い帽子を被った船越をカメラが捉え、査問が始まる。

松居 お父さん、お願いします。

船越 11月14日、浮気をしていません。

松居 本当ですね? お父さん。

船越 はいっ。

松居 神に誓いますか?

船越 誓います。

松居 私はあなたのことを世界で一番愛してます。

 そして、「バイアグラ男と妻の私しか知らない真実の話をします」と語り始める第3弾。事ここに至って船越は、その名前でも夫とも呼ばれることがなく、「バイアグラ男」「奴」と口を極めて罵られる有様。

 第2弾の結末で、愛を誓ったはずの同日夜のことだ。

「自宅のリビングのソファーに奴が愛用しているセカンドバッグ」が置いてあり、そこから「空のバイアグラ」が覗いていたが、妻はそれをそっと戻した。だが翌日夜「奴がトイレ行ってる隙に」セカンドバッグを点検したところ、新たに4錠が“装填”されているではないか。問い質す妻に、

「奴はぬけぬけと、あたしに“くれる人がいるんだよ、だからずーっと鞄の中に入ってたんだよ”そう言ってのけたんです」

 押し問答の後、1錠取り出して口に放り投げた船越。

「すると奴は“オレは糖尿だから、これを飲んでもダメなんだよ”って言いのけたんです」

 ならばなぜバイアグラをもらう必要があるのか、船越の弁明はいかにも苦しい。ともあれ、2人は寝室へ。

「奴が愛用しているパソコンの中には、奴が見たアダルトものが、履歴でぎっしりと残っていたんです」

 あろうことか、夫婦でその履歴を呼び出して共に見たのだが、

「100㎖飲んでも、本人がその気にならないと、効果は現れないそうです」

「その夜は、バイアグラの効果はありませんでした」

 松居は手を後ろで組んで、

「さすがサスペンスの帝王と呼ばれる名俳優ですねぇ。自宅でも名演技でした」

 したり顔でねちっこく、負けず劣らず名調子である。

「バイアグラ男は事務所を通じて事実無根だと言っていますが、どうでしょう」

 抜きさしならぬ閨房(けいぼう)の秘事まで。1年5カ月に亘って夫の不実を追跡する火サスより数倍面白いこのドラマ、否ドキュメンタリーは、待ち構える離婚調停の有力な切り札ということになる。

特集「犬も食わない夫婦喧嘩が『火曜サスペンス』を超えた! どこまでやるの『松居一代』と『船越英一郎』より

「週刊新潮」2017年7月20日文月増大号 掲載


【関連記事】
松居一代“居候先おばあちゃん”が独占全告白 「動画は孫が手伝った」
小林麻央さんも頼った「代替医療」について考える
東てる美、ロシアビジネスで億万長者に?「こっちが本業」本人語る
タモリ倶楽部、アド街を世に送り出した伝説的演出家が語る「テレビの今」
天津・木村 後輩ムーディ勝山の持ちネタをジャック 一発屋芸人の骨肉の争いを髭男爵がルポ

この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームdomestic