ヒーローよりも親近感!? サラリーマンの聖地・新橋に怪獣が主役の酒場登場
 いつもヒーローに倒されてばかりいるウルトラ怪獣たちが、憂さを晴らし、気力を養い、新たな悪だくみをするために集う、怪獣のための居酒屋がある。世を忍び営業していた同店を地球人向けに開放したというコンセプトで、2014年に「怪獣酒場」が川崎にオープン。2店目となる「怪獣酒場 新橋蒸留所」が今年5月に登場した。


誕生月の人しか入れない「決断の部屋」。(C)円谷プロ

【写真】関連情報を含む記事はこちら

 「新橋蒸留所」は地下洞窟にある秘密の蒸留所をそのまま酒場にしたという設定で、メフィラス星人が店長を務める。誕生月の人しか入れない「決断の部屋」や入口の「ジャミラの真実の口」など、店内には怪獣モチーフが配されて遊び心満点。怪獣が主役とあって、店内で流れるビデオはすべて怪獣がウルトラマンを倒している場面という凝りようだ。提供メニューも「バルタン星人からの1品~熱々蟹味噌グラタン~」「合体!ギラス兄弟2色のラムチョップ」など、ウルトラシリーズのエピソードにちなんだ内容が楽しい。

 新橋という土地柄もあり仕事帰りのサラリーマン客が多く、上司と部下が怪獣談義で意気投合する姿も。年代問わず、盛り上がれること間違いなし! この夏、怪獣と出会いに訪れてみてはいかが?

【関連記事】
東京バーゲンマニア 「サマーセールスガイド 2017」を公開中!
さあ、夏を満喫しよう! サンセットと夜景を見ながら楽しむ生演奏

この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームeconomy