ベルギーとその周辺地域の幻想的な美術の歴史を辿るコレクション展「ベルギー 奇想の系譜」【Book Watch/ブックニュース ―MdN Design Interactive edition―】

2017年7月15日(土)から9月24日(日)まで、Bunkamura ザ・ミュージアムにて「ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」が開催される。中世から現代までベルギー美術の500年を、国内外のコレクションをもとに辿る展覧会。ボス派やブリューゲル、ルーベンス、クノップフ、アンソール、マグリット、デルヴォー、ヤン・ファーブルなど、ベルギーとその周辺地域を代表する総勢30名の作家の作品が一堂に揃う。会期中の休館日は7月18日(火)と8月22日(火)、開館時間は10:00~18:00(金曜と土曜は21:00閉館 / 入館は閉館30分前まで)で、当日券での入館料は一般1500円 / 大学・高校生1000円 / 中学・小学生700円。

この元記事は窓の杜



 ホーム未分類