中国のSNS「微博」で「JavaScript」という単語が検閲対象に
masakun曰く、

中国版Twitterと言われるSNS「微博」で「JavaScript」という文字列が検閲対象となっているそうだ(薛南@FF一日目二日目K09氏のツイート)。

中国では以前から「av」を含むという理由で「Java」が検索できなかったのだが、先週ノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏が死去してからは、「RIP」(安らかに眠れ、の意味)を含む「Script」も禁止ワードとなってしまったという。BuzzOrangeの記事によると、「RIP」だけでなくノーベル賞を意味する「諾貝爾」や、劉暁波氏の遺灰が海にまかれたことから「海葬」も検索できなくなったという。中国でこの手の規制は珍しくなく、過去には大規模暴動が起きた「広州市」が検索できなくなったことがあった。

余談だが「小熊維尼(くまのプーさん)」を微博に投稿することは可能だが、プーさんについて言及されるコメントは表示できないそうだ(AFP)。その理由について中国当局は説明していないが、習近平国家主席と体形が似ていて外交を揶揄する投稿に利用されるからだと考えられている。そのためプーさんに代わるキャラクターとしてドラえもんに出てくるジャイアンが試されている。

すべて読む | YROセクション | 検閲 | 中国 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ノーベル平和賞を受賞した中国の民主活動家・劉暁波氏、死去 2017年07月14日
中国、ネット規制を強化する「インターネット安全法」施行 2017年06月05日
Wikipediaの常時HTTPS化によって政府による検閲が減少 2017年06月01日
中国、許可されていないVPNの取り締まりを強化 2017年01月25日
中国版Twitter「微博」で嘘の発言をしたユーザーが起訴される 2014年04月17日
中国政府の検閲、「広州市」が検索できない 2011年06月17日

この元記事はスラド



 ホームChina