坂本龍馬の軌跡をたどる新発見の書簡2通 シンポジウムで専門家語り合う
 幕末の志士、坂本龍馬が没して150年。「龍馬の記憶」を未来に伝えるシンポジウムがこのほど、東京・飯田橋の神楽座で開かれた。今年、龍馬の書簡2通が新に発見され、龍馬の軌跡をたどるうえで重要な資料であり、今後、龍馬の研究が進むものと期待されている。2通は、今年1月に発表された龍馬が暗殺される5日前に書かれたとみられる「新国家の書簡」と、6月に高知県で発表された「寺田屋事件などをしたためた龍馬の最長の書簡」。発見の経緯や、文面に秘められた内容について、専門家や研究者が語り合った。

【写真】関連情報を含む記事はこちら

 出席したのは京都国立博物館の宮川禎一上席研究員、仏教大学の青山忠正教授、福井市立郷土歴史博物館の角鹿尚計館長、高知県立坂本龍馬記念館の三浦夏樹主任学芸員、それに在野で龍馬研究を進める全国龍馬社中の小美濃清明副会長。現在、「志国高知幕末維新博」を開催している高知県の尾崎正直知事も駆けつけた。

 「新国家の書簡」は、龍馬が福井藩の重臣、中根雪江宛てに書かれ、大政奉還後の新政府樹立に奔走する中、財政手腕を高く評価していた福井藩士、三岡八郎(後の由利公正)を出仕させるよう、新国家という言葉を使いながら中根に懇願する内容。字体や内容が丁寧に書かれており、比較的乱暴な字体や書き方をする龍馬らしくないという見方もあるが、宮川研究員は「重臣宛であり丁寧にならざるを得ない」青山教授は「龍馬は時に丁寧、時に乱暴な手紙を書く」、角鹿館長は「巻紙の特徴が出ている。重臣宛であり緊張して書いたのだろう」、三浦学芸員は「初めて見た時、違和感があった。ただ字体は他の手紙とよく似ているし、偽物ならもっと汚い書き方をするだろう」との、各自の見方を披露した。

 これまで写しが知られていた最長の書簡は、今回、オリジナルが発見された。慶応2年12月4日付で家族に宛て幕府、薩摩、長州の関係などを表している。12月4日は父・八平の命日にあたり、いつ帰郷するのかという家族の心配に、自分は土佐を忘れてはいないという意味が込められているのではないかと宮川研究員は推測する。また、このオリジナル書簡の出処が明らかにされていないことについて、角鹿館長は「中根雪江に近い福井藩士の子孫が出処。歴史的書物の寄託、寄贈の場合、税金などの関係で博物館には守秘義務があり公にできないことがある」と説明した。

 新国家の書簡については、公表時に全国的な話題となり、現在は幕末維新博で複製が展示されている。高知では在野の歴史家が、筆跡や連綿構成に勢いがないことなどから、偽物ではないかと疑義を呈していると地元紙は伝えているが、宮川研究員は「いかに気を使って調べたかを知ってほしかった。現物を見ての判断ならまた違うだろう。木を見て森を見ずの感があり、全体を疑う余地はない」と感想を述べた。

 シンポジウムの最後に尾崎知事は、今年、龍馬関連の書簡が2点も発見されたことについて「2点も出てきたというのは天の助け。いずれも維新博の目玉になる。高知の食と観光を組み合わせることで、高知を訪れる外国人観光客の来場も増えている」と幸運に感謝した。また、今回のシンポジウムを主催した株式会社KADOKAWAでは完全受注生産で、小美濃副会長監修の超豪華本「坂本龍馬大鑑~没後150年目の真実~」(本体1万5000円、税別)を刊行する。



この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームeconomy