小池旋風が生んだポンコツ議員たち パワハラ、遅刻常習、大麻擁護…
 これといった実績もなく、具体的な政策を何ら打ちだせていなくとも、緑のシャツを着て選挙カーから手を振っているだけで当選できたのではないか。そう思わせられるほど「小池ハリケーン」の威力は凄まじかったが、実際、誕生した55人の“チルドレン”には相当数、「ポンコツ」が含まれているようで……。

 ***

 東京・池袋の雑居ビル内の選挙事務所。午後8時過ぎ、NHKの特番で「当確」が出ると、一斉に歓声と拍手が巻き起こった──。「都民ファーストの会」から出馬した多くの候補者の事務所で同様の光景が見られたはずだが、本橋弘隆氏(55)は「七人の侍」の1人として、とりわけ注目度が高かった。が、昨年の知事選で自民都連の方針に反して小池氏を応援して自民を除名処分になった本橋氏の、豊島区議時代の評判は決して芳しいものではない。

「今年2月には本会議の議席変更を巡って議会事務局の職員を怒鳴り、その職員が卒倒する騒ぎがあった。このパワハラ行為については、6月に議会で再発防止を求める決議などが採択されています。彼は短気ですぐにカーッとくる気性で、数年前にはマクドナルドや書店の店員に怒鳴り散らして問題になったこともある」(都政関係者)

 今回当選した1人、荒木千陽(ちはる)氏(35)は小池氏の秘書時代、そんな本橋氏のことを心底嫌っていたというが、

「今ではベッタリ。今後は共に都議として活動していくのだから妙な話」(同)

 昨日の敵は今日の友、というわけである。森愛氏(40)は民進・共産の統一候補として都議選補選に出馬した頃、小池氏を批判するツイートをリツイート。「都民ファーストの会」の公認候補となった後にそのことを指摘されると、ツイッターが“乗っ取られた”と主張し、周囲を唖然とさせた。元大田区議の彼女は、

「遅刻常習者として区議会では有名でした」

 と、ある大田区議は言う。

「午前中に行われる委員会の遅刻は常態化していました。事務局の職員が何度電話しても出ないということはよくありましたね。視察の際も、集合場所に定時に来ることは殆どない。区議会の中には、遅刻することを“森愛する”と冗談で言う人もいるくらいですよ」

■〈ガンジャに目くじら〉



 今回、小池氏が擁立した女性候補は先の荒木氏や森氏を含めて17人全員が当選を果たした。「小池ガールズ」とも言うべき彼女らの経歴は多種多様で、例えば、龍円愛梨氏(40)はテレ朝の元アナウンサーとしてわりに名前が知られている。HPでは社会部記者としての経験について熱く語っているが、彼女に記者として誇れるほどの実績があったのかどうか定かではない。

 龍円氏と同じくテレビ局出身なのが入江伸子氏(55)。こちらはフジテレビで、1994年、同社のカイロ支局長だった夫が小型飛行機の墜落事故で死去。入江氏のHPを見ると、〈父親を亡くした幼い息子たちを育て上げた母〉とアピールしているのだが、

「彼女は夫を亡くしてほどなくした頃、フジの幹部社員と事実婚の状態となり、その後、入籍している。それなのに“シングルマザーキャラ”をアピールするのはどうかと思いますね」

 と、フジテレビ関係者。

「しかも、その幹部社員とは都内の“億ション”を共同購入している。その上彼女は数千万円もするアストンマーティンを乗り回し、グッチやエルメスといったブランド物に囲まれた派手な生活をしていた。それで“苦労人”だとアピールされても興ざめです」





 茜ケ久保(あかねがくぼ)嘉代子氏(41)は小池氏が立ち上げた政治塾「希望の塾」の出身だ。東大農学部を卒業、日本IBMを経てコンサルティング会社を立ち上げ……と非の打ちどころのない経歴の持ち主だが、彼女に“別の顔”があることは以前本誌(「週刊新潮」)でお伝えした通り。“狩野理沙”の名で、「ライフリッチプロデューサー&門(もん)認定アドバイザー」として活動していたのだ。ちなみに“門”とは、〈華僑の間でビジネスに使われてきた秘術〉で、天才プログラマーが開発したアルゴリズムを使い、生年月日時間のデータからそれぞれの“門”を弾きだすのだとか。鑑定料は通常4万9800円、プレミアムコースだと9万8000円也。





 斉藤礼伊奈氏(38)はレゲエシンガー「lecca」としての顔も持っている。彼女のブログを覗いてみると、パンツを被った写真がアップされているのはご愛嬌として、次のような気になる記述が。

〈日本政府がアメリカに前習えでなんであんなにガンジャに目くじら立ててるのか分からない〉

〈ガンジャ規制して何を抑止するんでしょうか。ガンジャとケミカルな麻薬は根本的に違うと思うぞ〉

 ガンジャ=大麻を擁護する立場を明らかにしているのだが、都議会議員として「大麻解禁」を主張するおつもりなのだろうか。当選直後、斉藤氏本人に聞くと、

「カリフォルニアとかカナダとかで(大麻が)医薬品として使われているのはご存じですか? 海外よりも日本の方が大麻への理解が遅れているなと感じるんです。ただ、すぐに取り組みたいかと言われれば、今はまだ違うと思っています」





「小池ガールズ」の一員ではないが、選挙戦の最中に妙な注目のされ方をしたのが、平慶翔(けいしょう)氏(29)である。彼は女優・平愛梨の弟で、自民党の下村博文幹事長代行の元秘書。その下村氏が、週刊文春の「加計学園からの闇献金」報道を受けて行った会見で、同報道の「ネタ元」と名指ししたのが、平氏だったのだ。

「下村氏は会見で、平氏の直筆のサインが入った上申書も配布しました。平氏が事務所のパソコンを隠したり、金銭を遣い込んだ、といった内容です。平氏はすぐさまその上申書は“偽造”だと反論しましたが、説得力はなかった」(全国紙の政治部デスク)

 このような“逆風”をものともせず、平氏は当選。一方の下村氏は大敗の責任をとって東京都連会長を辞任することになり、明暗が分かれたのである。

特集「観測史上最凶『小池ハリケーン』」より

「週刊新潮」2017年7月13日号 掲載


【関連記事】
“一家心中する”に泣きじゃくった小池百合子…「父」との知られざる関係
小池新党の目玉、「平愛梨」弟 不祥事で秘書解雇の過去
重婚ストーカー「中川俊直」お詫び行脚でトンデモ釈明 婦人部は解散
アル中代議士「橋本英教」地元から更迭の嘆願書 怪しい中国人女性との関係
移転白紙撤回のポイントは2009年にあった 知られざる民主党の罪 豊洲問題の深層

この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームdomestic