新潟、福島で猛烈な雨=災害警戒、避難指示・勧告も-関東甲信、近畿も落雷突風注意
 新潟、福島両県では17日深夜から18日午後にかけ、日本海側にある低気圧の影響で猛烈な雨が降った。気象庁は土砂災害や河川の増水、低地の浸水に警戒を呼び掛けた。新潟県五泉市や阿賀町、福島県只見町などは避難指示、新潟県三条市、長岡市などは避難勧告を出した。
 東北と北陸、関東甲信、近畿では18日夜にかけて大気の不安定な状態が続く見通しで、局地的な激しい雨や落雷、突風に注意する必要がある。
 新潟県では1時間雨量が100~110ミリとの記録的短時間大雨情報が17日深夜に佐渡市、18日の未明に三条市と長岡市、朝に加茂市、昼前に小千谷市で相次いで出された。福島県只見町では18日午前5時5分までの1時間雨量が88.5ミリに上り、この地点の観測史上最多となった。
 新潟、福島両県の19日正午までの24時間雨量は多い所で80ミリと予想される。 【時事通信社】

この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームdomestic