日野原重明氏死去、105歳
日本の医療のあり方について積極的に発言、患者主体の医療を訴えた文化勲章受章者で、聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)氏が18日、死去した。105歳だった。

この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームdomestic