明治、大正、昭和天皇 健康と長寿を願う医療体制の歴史 – NEWSポストセブン
【特別な医療体制が組まれる(写真:アフロ)】 国民が陛下の健康と長寿を願うなか、「象徴」である天皇は常に特別の医療体制が組まれてきた。皇室ジャーナリストの神田秀一氏が“玉体”の医療の歴史に迫る。 * * * 明治時代は天皇といえどもその医療体制は脆弱でした。明治天皇には5人の男子が生まれましたが、4人は亡くなり、生き残ったのは後の大正天皇だけでした。 明治初期には現在のように専属で天皇、皇族に付く...全文読む

この元記事はBLOGOS - 最新記事



 ホーム未分類