海老蔵さん、麻央さんいない現実「まだ受け入れない」 やつれた?写真に心配の声も

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)が16日夜から17日朝にかけて更新したブログで、6月22日に亡くなった妻・小林麻央さんへの思いを切々とつづった。「この夜に彼女がいない事がまだ受け入れられない」「かなしさは癒えない、増すばかり」…。17日朝には自撮り写真をブログにアップしたが、以前よりやせたように見える姿に「大丈夫ですか」「やつれたように見えます」などと心配の声も寄せられている。

 16日夜、歌舞伎座での公演を終え、帰宅した海老蔵は「息子の頑張る姿を、、、見せたい、この世に彼女がいない事がまだ受け入れられない 情けないわたしが未だにいる、、」「かなしさは癒えない、増すばかり、、、」とまもなく麻央さんの死から1カ月がたとうとしているが、いまだ受け入れることができないことを切々を訴え。
 一夜明けた17日のブログでは、「毎日思える人がいる事が、こんなにも幸せとは、知らなかった、この世からいなくなってからもこんなに思えるの、愛する人をいつも思える事 それが幸せ とても幸せです」と、昨夜のブログでの“癒されぬ思い”を打ち消すように、麻央さんを思い続けることが「幸せ」であると伝えた。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/07/17/0010378863.shtml



この元記事はアルファルファモザイク



 ホーム芸能,スポーツ,映画,音楽