草食恐竜の歯35点=長崎半島で発見
長崎市と福井県立恐竜博物館は18日、長崎半島の約8100万年前の地層から、恐竜の歯の化石が計35点見つかったと発表した。歯をたくさん持ち、二足歩行する草食恐竜のものとみられる=10日撮影、恐竜博物館

この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームdomestic