36歳バツイチドクのノー・ターニング・バック――フミ斎藤のプロレス読本#047【全日本gaijin編エピソード15】


 199X年

 もうどこか遠い南の島へでも引っ越してのんびり暮らしたい。スティーブ・ウィリアムスはそれがいちばんいい選択なのではないかと考えていた。

 ずいぶん時間がかかってしまった離婚裁判にひと区切りがつき、住んでいた家を売却し、ライフワークになるはずだったスポーツクラブ“ボディー・ブラスター・ジム”の権利も手放した。

 長女ストーミーちゃんと長男ウィンダムくんは母親といっしょに住むことになった。子どもたちはダディとマミーのあいだになにが起こっているかを知っているようだった。

 ルイジアナは、ウィリアムスがホームタウンにしようとした土地である。生まれてからハイスクールを卒業するまでの成長期を過ごしたのが中西部コロラドで、大学時代の5年間がオクラホマ。プロレスラーになってからの10数年間は、オクラホマよりもさらにサウスのルイジアナを生活の場に選んだ。

 ウィリアムスは、いつのまにか南部なまりのイングリッシュを話すようになっていた。

 とにかく、環境を変えてしまうことからはじめるしかない。協議離婚が成立して、財産らしきものを公平に半分ずつにしても、かんじんのハートの部分はちっともすっきりしない。ルイジアナには元ワイフとの共通の友人、知人があまりにも多い。

 身のまわりの整理・整とんをしているうちに、まる1年もプロレスを休んでしまった。あそこに住んでいるうちは、すべてがうまくいっていたころと同じリズムでしか時間は流れてくれない。

 コロラドは雪国で、ルイジアナはじめじめした湿地帯。どうせはじめからやり直すのならば、できるだけ遠いところがいい。それにこんどはできるだけ気候のいい土地で暮らしてみたい。知り合いがあまりいないところだったらなおいい。

 南の島でのんびりやろう。プロレスのことだけで頭のなかをいっぱにしよう。“ドクター・デス”は、アスリートとしてのこれからのプランを立てた。

 ハワイは、アメリカ本土と日本のちょうどまんなかにある。アメリカ合衆国のなかではあるけれど、やっぱり太平洋に浮かぶアイランドである。長いあいだディープサウスに住んでいたウィリアムスにとっては外国みたいなものだ。

 もうメインランドでプロレスをやるつもりはないし、これからはホノルル―東京間の直行便に乗ってアメリカ本土からは反対のディレクションに向かうことだけを考えたい。

 “ボディー・ブラスター・ジム”がなくなったと思ったら、マウイ島では“ゴールド・ジム”のフランチャイズを共同経営することになった。アマチュア・レスリングのコーチの仕事もはじめるし、ジムの経営が軌道に乗ってきたらプロレスラー養成スクールもやってみたい。

 ウィリアムスは、これからずっと、たぶん死ぬまでここに住むつもりでハワイを選んだ。冬もののジャケットは全部、ルイジアナに捨ててきた。

 オールジャパン・プロレスリングはベースボール・チームのような空間で、スタン・ハンセンがそうであったように、ウィリアムスもオールジャパンのリングで現役生活を終わらせようとしている。

 アメリカのメジャーリーグ、たとえばWWEやWCWではありとあらゆる雑音と障害物のなかを泳ぎまわらなければならないし、レスリング以外のことでとことん神経をすり減らされる。

 ウィリアムスはプロレスを団体競技のようにとらえていて、オールジャパンのユニフォームを着てオールジャパンでプレーするのはいちばん自分らしいと考えた。

 いちばん大切なことは「ノー・ターニング・バックNo turning back(ふり返らないこと)」なのだという。リングから離れているあいだにいくらか白髪が増えたけれど、これは男性としての年輪のようなものだからあまり気にしていない。

 夏になると、ストーミーちゃんとウィンダムくんがお父さんに会いにやって来る。ハワイにはハワイの暮らし方があって、ウィリアムスにはウィリアムス自身が望んだ新しい生活がある。

 子どもたちが父親のことをもっとよく理解するようになるには、いましばらく時間がかかるだろう。(つづく)

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ



【関連記事】
ブルーザー・ブロディ殺人事件The Murder of Bruiser Brody――フミ斎藤のプロレス読本#046【特別編】ブロディ・メモリアル・ストーリー
Uを通過してメジャーリーグのベンチに座ったオブライト――フミ斎藤のプロレス読本#045【全日本ガイジン編エピソード14】
ジョニー・エースの“A”のカード――フミ斎藤のプロレス読本#044【全日本ガイジン編エピソード13】
ジョニー・エースはいつのまにか“3割バッター”――フミ斎藤のプロレス読本#043【全日本ガイジン編エピソード12】
エースと仲間たちのホーム・アウェー・フロム・ホーム Home away from home――フミ斎藤のプロレス読本#042【全日本ガイジン編エピソード11】

この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームcolumn