[39コメント] 日野原重明氏が死去 聖路加国際病院名誉院長、105歳 :日本経済新聞

「生活習慣病」という言葉を編みだし、予防医療や終末期医療の普及に尽くした聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)氏が死去したことが18日、分かった。105歳だった。日野原重明氏 京都帝国大医学部卒。1941年、内科医として同病院に勤務。51年から1年間留学した米国で病巣だけではなく患者の心身全体を考える「全人医療」を実体験し、帰国後に様々な改革を提案、実行した。 54年に民間病院と ...

この元記事はCeron - ソーシャルニュース・セロン



 ホーム総合