オアシスのリアム・ギャラガーが小さなパブに降臨! ローカルバンドとジャムセッション!!


時に、どこからともなく世界的に超有名な大物アーティストが現れ、アマチュアミュージシャンと即興を繰り広げることがある。例えば、米人気ロックバンド・エアロスミスのスティーヴン・タイラーが、ストリートミュージシャンの路上ライブに乱入したのもそのひとつだ。

もちろん滅多にないことなのだが、なんと今度は英人気ロックバンド・オアシスのボーカルとして知られるリアム・ギャラガーが、小さなパブに降臨! ローカルバンドとジャムセッションを楽しんだというのである!!

・オアシスのリアムが地元のパブに降臨!

現在、オアシスは事実上の解散状態となっていて、2017年6月にリアムはソロ・デビュー・シングル『Wall of Glass』をリリースしたばかり。

英ニュースサイト『METRO』によると、彼はカナダのモントリオールで開催されたオシェアガ音楽フェスティバルに出演した後に、地元のパブ「Mckibbin’s Irish Pub」にビールを飲みに現れたのだという。

・パブのバンドに飛び入りしてジャムセッション!

すぐにリアムだと気づいたオーナーは、かなり緊張してしまったもののクールに振る舞い、リアムは他の客とも雑談を楽しんでいたとのこと。

そうするうちにパブでバンドの演奏が始まり、リアムに気づいたバンドのメンバーが「一緒に演奏しないか」と声をかけたところ、リアムが快諾。その様子を撮影した動画を見ると、リアムはバンドに合わせてギターをかき鳴らし、すっかりその場の雰囲気に溶け込んでいた様子だ。

・リアム降臨でライブは大盛況に!!

バンドが演奏していた音楽は、ロックではなくアイルランドの民族音楽だが、それでも超大物ロックスターの降臨で、すっかり場が大盛り上がりとなった模様。ジャムセッション後、リアムはバンドメンバーと記念写真に収まるサービスっぷりを見せて、彼にとっても楽しい夜となったようだ。

余談になるが、リアムは米深夜トーク番組『レイト×2ショー WITH ジェームズ・コーデン』の人気コーナー ‟車内カラオケ” の出演を拒否して、話題となっている。その一方で、パブでローカルバンドと演奏を楽しんでしまうとは、「その庶民っぽさがいいな~」と思った筆者である。

参照元:Twitter‏ @MageeGerardMETRO(英語)
執筆:Nekolas