谷原秀人は67位でメジャー最終戦を終える「まだまだ、やっぱ下手」
<全米プロゴルフ選手権 最終日◇13日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>

今季のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」はジャスティン・トーマス(米国)の優勝で幕を閉じた。谷原秀人はトータル7オーバー64位タイから出ると4つスコアを落しトータル11オーバーでフィニッシュ。67位タイで競技を終えた。

松山、惜しくもメジャータイトルに手が届かず…全米プロの特選フォトギャラリー
予選は通過できたものの、思うような成績は残せず「全部悔しいです」と言葉を搾り出した谷原。「まだまだ、やっぱ下手なんだな。参加しただけで終わったんで。意味を感じないというか、ただもう少しね、上手くなれば成績がついてくるんじゃないかなって。これからも練習していくだけです」とこの悔しさをバネにさらなるレベルアップを誓った。

今後は米ツアーの来季出場権をかけた2部ツアーとの入れ替え戦に出場する予定だが、一度帰国し、スケジュールについてはじっくり考える予定だという。そして「じっくり練習ね、これ帰ってちょっと時間あるんで。そこで一回立て直せればいいかなと思います」と自身のゴルフにも時間をかけて向き合っていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連リンク】
全米プロの結果
松山英樹のプレー詳細を「一打速報」でプレーバック
J・トーマスがメジャー初制覇!松山英樹は5位終戦に涙
【松山英樹のスイング】左ヒザが伸びた床反力打法は意識的に行うものか?

この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームcolumn