<速報>松山英樹、メジャー初制覇ならず…一時は首位に立つも痛恨の3連続ボギー
<全米プロゴルフ選手権 最終日◇13日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>

海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終日。2位タイから出た松山英樹は5バーディ・6ボギーの“72”でラウンド。トータル5アンダーとスコアを落とし、同組のジャスティン・トーマス(米国)がトータル8アンダーでホールアウトしたため、メジャー優勝はならなかった。

【PGAツアー動画】J・デイが語る松山の強さとは?「ヒデキは弱点を強みに変えた」
単独首位でハーフターンを迎えた松山は、10番で約6.7mのバーディパットを沈める。だが11番からまさかの3連続ボギー。それでも14番でバーディを奪うと、15番でも2mのバーディパットを沈めてガッツポーズ。優勝のチャンスを残してクエール・ホローC名物の難関上がり3ホール、通称“グリーンマイル”へと入ったが、最初の16番で約1.5mのパーパットを決められずボギー。さらに18番ではクリークに入れて万事休す。日本人初のメジャータイトルはならなかった。

その他の日本勢は小平智がトータル5オーバー・48位、谷原秀人はトータル11オーバー・67位で4日間を終えている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連リンク】
大混戦の最終日!リーダーボードで最終結果をチェック!
テキストと軌跡画像で松山英樹の激闘を振り返る
よく聞かれる韓国人の強さ…私はレクシーの考えに同感です【キム・ハヌルコラム第67回】
【バケモノたちの使用ギア】セカンドショットで長い距離が残る「全米プロ」。松山英樹の対応は?

この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームcolumn