エフエム和歌山、Amazonのクラウドサービスをベースに独自の「AIアナウンサー」を開発・導入
あるAnonymous Coward 曰く、

和歌山県の小規模な放送局であるエフエム和歌山の職員が独自にAIを使った音声読み上げシステムを開発、同局で実際に運用されているという(ITmedia)。

音声合成システムについてはAmazonのものを使っているため、AIを独自開発したというわけではないものの、Amazonのクラウドサービスを利用することで非常に低コストでシステムを実現でき、同放送局が年間で負担しているコストは年間1000円程度だそうだ。

すべて読む | デベロッパーセクション | 人工知能 | プログラミング | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
AI内蔵の「ハロ」、2018年に発売 2017年10月03日
ソニーがテキスト原稿をモーション付きで読み上げられる「バーチャルアナウンサー」を開発 2017年08月05日
音声アシスタントに恋する現代人 2017年05月02日
フジテレビの「デジタルアナウンサー」、フジを「退社」してボーカロイドに→容姿も一新 2013年05月01日

この元記事はスラド



 ホームAI