大型で強い台風21号北上=投開票日、北海道以外曇りか雨
 大型で強い台風21号は19日午前、フィリピンの東海上をほぼ北へ進んだ。今後勢力を強めながら北上し、23日から24日に西・東日本に接近または上陸し、北日本(北海道と東北)も影響を受ける恐れがある。前線も活発になるとみられ、気象庁は21日から荒天に注意するよう呼び掛けている。沖縄では20日夜から大しけに警戒が必要。
 衆院選投開票日の22日は北海道で晴れる所があるが、東北から沖縄にかけては曇りか雨と予想される。
 21号は19日午前9時、フィリピンの東海上を時速15キロで北北西へ進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、南側800キロ以内と北側560キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 【時事通信社】

この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームdomestic