英スーパーで「25歳以下のキウイ購入」が一時的に規制された理由が “ミーハー” で超ビックリ!


ビタミンやミネラル、食物繊維など豊富な栄養素がいっぱい詰まったキウイ。健康面への影響を考えると、優等生的なポジションのフルーツだが、なんとイギリスの某スーパーでは「25歳以下の購入」が一時的に規制される事態になったという。

一体なぜ? と思いきや……! その理由が意外とミーハーで、かなりビックリなのである。

・英スーパーで「25歳以下のキウイ購入」が規制される事態に

英ニュースサイト『Evening Standard』によると、25歳以下のキウイ購入に規制をかけたのは、英マンチェスターにあるチェーンスーパー「ASDA:アズダ」だ。

なんでも、事の発端は英人気ボーイズグループ、ワン・ダイレクションのメンバーで、今年ソロデビューを果たしたハリー・スタイルズにあるのだとか。ロンドンで行われたコンサートで、彼がシングルカット曲『Kiwi:キウイ』を演奏した時に、あるファンがステージに向かってキウイを投げ込んだというのである。

・ハリーがステージで転びそうに!

その結果、キウイはハリーに直撃はしなかったが、キウイを踏んで足を滑らせた彼が危うくステージで転倒しそうに! 幸い事故には至らなかったものの、引っくり返って頭を打ちでもしたら、大怪我を負う可能性だって考えられる。

そんな事態を避けるためにも、マンチェスターのアズダが、現地でのコンサートを前にして、25歳以下に見える客に本人確認証の提示を求めることを決定。どうやら、彼がマンチェスターでライブを行う前の日(10月31日)と、当日(11月1日)のみに取られた措置のようである。

・ハリーを怪我から守るのがスーパーの役目!?

ハリーとワン・ダイレクションのファンは若いはず……との推測のもと、年齢が25歳以下に限定されているのだろう。筆者的には、25歳以上のアラサーやアラフォーだって、彼のファンならコンサートに足を運ぶ人がいるはずなので、「これって年齢差別じゃん!」と言いたくなってしまった。

とにもかくにも、海外メディアのインタビューでアズダの広報担当者は、「アズダの客がハリーのファンなのは知っています。我々が販売するキウイで怪我をしないように、彼を守ることが必要だと思いました」と述べている。

2018年4月に、再びイギリスツアーを予定しているハリー。その時にはマンチェスターのアズダで、またしても25歳以下のキウイ購入が規制されそうだ。

参照元:Evening StandardHarry Styles(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Wikimedia Commons