1人10役全員ロバート秋山! クリエーターズファイルで培った「憑依芸」を駆使して秋山竜次が本格ミステリーに挑む!!

年齢を越え、性別を越えて、あらゆる人物になり切る「憑依芸」で、テレビやネットで大活躍の秋山竜次さん。彼が、テレビ東京でドラマに出演することになった。

彼のやることだから、当然ただのドラマではない。1人10役をこなす本格ミステリーだ。しかも、単独主演! つまりキャストは秋山さんのみである。10人もの人物を演じ分ける彼の姿は、きっと圧巻に違いない。おもしろそ~ッ!!

・架空の存在のはずなのに

秋山さんといえば、いまさら説明するまでもなく、『クリエーターズファイル』でその才能をいかんなく発揮している。これまでに35人もの架空のキャラを演じ、シリーズ最新動画では「ハイパーFM & ラジオパーソナリティ」という訳のわからない肩書きの「宗像 “issiy” 裕司」という人物になり切っている。

実在しないはずの人物なのに、彼が演じると、本当に存在するような気がするから不思議だ。

・10人の個性的なキャラクター

そして今回挑むのは、本格ミステリードラマ。タイトルは『黒い十人の秋山』。キャストはすべて秋山さんなのだが、そのキャラは全員一癖も二癖もありそうな面々である。

オペラ歌手 ── 冴島響一郎
美人秘書 ── 戻川茜
外国人画家 ── パトリック・ベイカー
建設会社社長 ── 神取忠
美容整形外科医 ── 財津隆也
サーファー ── 赤羽ヒデト
プロゴルファー ── 犬塚聡子
ファッションモデル ── リシエル
猫を飼う男 ── 村田安夫
トータル・ファッション・アドバイザー ── YOKO FUCHIGAMI

・2017年末放送

この10人のなかには、クリエーターズファイルですでに演じているキャラクターもいる。ファッションモデルの「リシエル」と、トータル・ファッション・アドバイザーの「YOKO FUCHIGAMI」だ。YOKOはこれまでのキャラのなかでも人気が高く、ポーチ付きのファッション誌も発売している。

1人が演じる10人のキャラクター。物語はどう展開していくのだろうか? 2017年末のドラマの放送が楽しみだ。

参照元:テレビ東京「黒い十人の秋山
執筆:佐藤英典