錦織、来季初戦で復帰=右手首回復、約5カ月ぶり-男子テニス
 右手首を痛めて大会から遠ざかっている男子テニスの錦織圭(日清食品)が、来季ツアー大会開幕戦のブリスベン国際(オーストラリア・ブリスベン)にエントリーした。大会主催者が13日、明らかにした。ツアー大会復帰を果たせば、8月以来約5カ月ぶりとなる。来年1月7日の大会最終日に男子シングルス決勝が予定されている。
 錦織は大会主催者を通じ、「目標は優勝。新しいシーズンの初戦なので、素晴らしい大会にしたい」との談話を出した。
 右手首のけんを損傷した錦織は、8月に今季残り試合の欠場を決めた。自己最高4位の世界ランキングは現在22位まで下がったが、けがは順調に回復。先月下旬にはラケットを使った練習を再開した。
 ハードコートで行われるブリスベン国際は、四大大会シーズン第1戦の全豪オープン(来年1月15日開幕、メルボルン)の前哨戦に位置づけられる。錦織は前回大会で準優勝した。 [時事通信社]

この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームsports