高校決勝は創成館-明徳義塾=大学は4強出そろう-明治神宮野球
 第48回明治神宮野球大会第4日は13日、神宮球場で行われ、高校の部準決勝で初出場の創成館(九州・長崎)が大阪桐蔭(近畿・大阪)を7-4で破り、決勝へ進んだ。明徳義塾(四国・高知)は静岡(東海・静岡)を5-3で下し、優勝した1981年以来、36年ぶりの決勝進出。
 大学の部準々決勝残り1試合は、日体大(関東5連盟)が九州共立大(九州3連盟)に延長十回タイブレークの末7-1で勝った。4強が出そろい、準決勝は環太平洋大(中国・四国3連盟)-星槎道都大(北海道2連盟)、東洋大(東都)-日体大の顔合わせ。 [時事通信社]

この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームsports