これぞドリフトキングの走り! 土屋圭市がスバル史上最高性能の『WRX STI S208』で峠を爆走する動画がヤバい

優れた走行性能から、根強い人気を誇る自動車メーカーのひとつに「スバル」がある。同メーカーを愛するユーザーは “スバリスト” と呼ばれ、他メーカーに比べて熱狂的なファンが多いことでも有名だ。

そのスバルが、以前に即日完売となった人気スポーツセダンの新モデルとなる『S208』を2017年10月25日に発表。さっそく、ドリフト王「土屋圭市」の爆走レビュー動画が公開されていたのでご紹介したい。

・スバルのトップエンドモデル『S208』

まず『S208』について簡単に説明しよう。スバルによると、同マシンはスポーツフラッグシップ「WRX STI」がベース。“Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビングカー” を実現するべく開発された、トップエンドモデルだという。

なお、価格は標準仕様(限定100台)で626万4000円、NBRチャレンジパッケージ(限定350台)で689万400円からとなっており、購入のための抽選申し込みはすでに11月12日で終了。限定台数を大きく上回る申し込みがあったのだとか。

・圧倒的なドライブテクニックで爆走

そんな『S208』の走りが見られる動画タイトルは「【ムービー】超速攻試乗! ドリキン土屋圭市がスバルWRX STI S208を全開」である。公開しているのは、人気クルマ情報誌・CARトップの公式YouTubeチャンネル「WEB CARトップ」だ。

撮影の舞台は、アップダウンに富んだ全長約6kmのサーキットコースを備える「群馬サイクルスポーツセンター」。動画を再生すると、レーシングスーツに身を包んだ土屋圭市さんの『S208』を操る様子が映し出される。

・ドリキンも絶賛する『S208』

初めはそれほどスピードを出さず、「この頃のスバルは外さない」「運転していて楽しい」など、マシンについて語りながらコースを軽く流している様子が見て取れる。だがその後、2:16あたりでタイムアタックが始まると景色が一変!

一般人なら数秒でクラッシュしてしまいそうなスピードで爆走。「キュルキュル」とタイヤの音を鳴らしながら、土屋圭市さんの『S208』は猛スピードでアップダウンの激しいコースを駆け抜ける。

下りで時速170キロを計測しながらも、穏やかな口調で喋り続けるあたりは、さすがドリキン!! マシンの性能もさることながら、圧倒的なドライブテクニックに驚くばかりである。スバリストならずとも、その素晴らしい走りをぜひ動画でご覧あれ。

参照元:YouTube、SUBARU「S208」
執筆:K.ナガハシ