松山英樹、終盤の4連続バーディに安堵「オーバーパー打たなくて良かった」
<ヒーロー・ワールド・チャレンジ 初日◇30日◇アルバニー(7,302ヤード・パー72)>

タイガー・ウッズ(米国)がホストを務めるPGA非公式競技「ヒーロー・ワールド・チャレンジ」の第1ラウンド。昨年覇者の松山英樹は出だしからボギーを叩くと、12番までに3つのボギーを叩く苦しいゴルフに。しかし、14番から4連続バーディを奪い“71”でホールアウト。辛くもスコアをアンダーとし、14位タイでフィニッシュした。

【関連動画】松山英樹「これだけ勝ってもタイガーにはなれない」
「曲がるなあ〜と思ってやっていましたよ」とショットが安定せず、チャンスが作れなかった松山。しかし、「パットはいいのが入ってましたし、良かったです」と好調のパッティングで粘り、終盤の4連続バーディにつなげた。

ショットに関しては「直しているとこ、良かれと思ってやってることが反対にきたので。明日になってみないとわからない部分が多いですが、それを上手く調整できたらいいなと思います」とスイングの調整に苦戦した。それでも、昨年覇者として「オーバーパーを打たなくて良かった」と安堵した様子だった。さらに、「3オーバーおったんや。それ知ってたら、たぶん俺がんばってないな」と話し、報道陣の笑いを誘った。

明日に関しては「オーバーパーを打たないように頑張ります!」と話した松山。首位とは5打差あるが、残り3日間でショットが修正できれば、決して追いつけない差ではないだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連リンク】
初日のリーダーボード
「素晴らしい2人!」トランプ大統領、松山英樹&安倍首相と約2時間のラウンド
欧州ツアー年間王者・フリートウッドがバハマで結婚
子どもの一言が発奮材料!?タイガー・ウッズはどれだけ戦えるのか

この元記事はAmeba News [アメーバニュース]



 ホームsports