猛毒を持つクリオネを誘拐し、背中に装着して生物兵器として利用する2種の端脚類(南極)
1_e2

 ハダカカメガイ科のクリオネは、翼足類の遊泳軟体動物だ。巻貝の仲間だが成長すると完全に貝殻を失う。

 半透明でデリケートな体をしているが、強力な毒で海の捕食者たちを撃退する。

 だが、クリオネの毒に対する耐性をつけ、背中に装着し、自分の身を守るための生物兵器として利用する大胆不敵なヤツがいる。

 南極をかこむ南極海に生息する、甲殻網端脚類というエビに似た生き物たちだ。

 共存共栄ではない。背中の背負ったクリオネは餌が食べられず、飢えて死ぬまでこき使われるという。
続きを読む

この元記事はカラパイア


 ホーム未分類